みんなで大家さんは投資ビギナー向け|小口購入で利益を得る

硬貨と人形

賃貸の管理なら管理会社に

マンションとレディ

入居者の対応をしてくれる

マンション管理会社は、家主からの依頼を受けて賃貸マンションの管理業務をしています。賃貸マンションには入居者がいますが、入居者から月末に振り込まれる家賃や管理費・共益費を管理するのもマンション管理会社です。すべての入居者から家賃や管理費・共益費が振り込まれているかチェックし、振り込まれていない場合は契約に基づいて対処します。賃貸マンションの入居者からよくあるのがクレームです。騒音によるクレームなどは、賃貸ではよくあるトラブルです。マンション管理会社は第三者として間に入り、入居者同士のトラブルを丸く収めます。このように、賃貸マンションの入居者が快適に暮らすために、マンション管理会社はなくてはらない存在です。

業務委託の期間と費用

賃貸マンションの家主は、自分のマンションの入居者が快適に生活できる環境を整える必要があります。共用部分が汚れていたり、蛍光灯が切れたままだと、管理がしっかりていないと見られ、借りる人が減るからです。管理をしっかりするために、通常はマンション管理会社と業務委託契約をします。マンション管理会社は管理業務の専門家なので、契約内容に沿ってしっかり管理をします。業務委託契約期間は通常2年です。そして2年ごとに契約更新をするのが一般的です。管理委託に必要になる費用は、賃貸マンションの家賃の5%程度です。マンションの仲介や管理などすべて引き受けてもらえる一括借り上げの場合は、家賃の20%ほど費用がかかります。