みんなで大家さんは投資ビギナー向け|小口購入で利益を得る

硬貨と人形

滞納に備えるサービス

男女

安心に不可欠なサービス

以前は家賃収入で不労所得というイメージもありましたが、現在では本業を持ちながら、副業として賃貸経営を行うケースも多くなってきました。賃貸経営では、オーナーが自主管理する方法と、専門の管理会社に任せる方法の2つのパターンがあります。どちらを選ぶかは個々のオーナー次第ですが、家賃保証は何れのケースでも付けておきたい保証サービスです。家賃保証を提供する会社と契約しておきますと、万が一家賃の滞納がありましても、契約先の会社が滞納分の家賃を振込んでくれますので未収を防げます。特に融資を受けて投資物件を入手している状況では、家賃の未納はローン返済の遅延や自己資金の捻出にも直結しますから、予防策を講じておくことが肝要です。

健全な賃貸運営のために

原則と致しまして、家賃保証を付けなくても、入居者に連帯保証人を擁立してもらえば家賃の未納に備えることができます。しかし昨今では、連帯保証人になった人が既に職を失っているなど、終身雇用が減った現代社会ならではの課題も出ている状態です。また、核家族化や身寄りのない高齢者の入居など、そもそも連帯保証人が立てられないケースも増え始めています。そこで、それらの課題に対処するため、家賃保証が魅力的になっているのです。この家賃保証の仕組みですが、もしも家賃の遅れなどが発生した場合、オーナーは家賃保証会社に連絡を入れ、家賃の支払いを受けます。その後、家賃保証会社は家賃を滞納した入居者に対して、費用を請求します。健全な不動産投資には不可欠な保証ですから、前向きに検討してみましょう。